不倫の境界線はズバリどこからなの!?デート?キス?それとも…

更新日:

SnapCrab_NoName_2015-7-21_13-50-1_No-00

不倫はいけないことだということは、みなさん言われなくてもよくわかっていると思います。では、どこからが不倫なのかと聞かれたとき、みなさんならどう答えますか?

人によって、その「どこから」という境界線に違いがあるのではと思います。そこで今回は、いったいどこからが不倫の境界線なのかをご紹介していきましょう。

 

法律的に不倫の境界線になるのは…?

SnapCrab_NoName_2015-7-21_13-54-41_No-00

日本の法律では、不倫は「不貞行為」と言います。その不貞行為というのは、夫や妻がいるのにもかかわらず、他の異性と性交渉つまりセックスをするということです。

それがたとえ1回だったとしても、不貞行為になります。しかし、不貞行為を理由に離婚をするとなるとその回数は複数回でなければなりません。離婚するためには、日常的にそういう行為が繰り返されていたかが重要になるようです。

そして意外なことに、日本の法律では夫や妻がいても、他の異性と2人きりで密会するだけで性交渉をしなければ、それは不貞行為にはならないということです。ですから、いくら他の異性と密会をしていても、決定的な性交渉の証拠がないと、離婚するにも不利になってしまうのです。

 

一般的な不倫は「キスから」と言われている

SnapCrab_NoName_2015-7-21_13-50-37_No-00

では、法律とは無関係に一般の人はどこからが不倫と思っているのでしょうか?最も多いのは、「キスから」のようです。

やはり異性と2人きりで会うのは、仕事上の付き合いでもあることがありますので、それを許している夫や妻は多いのでしょう。でも、キスとなると話は別です。

キスは下心や恋愛感情がなければしないわけですから、やはりそれは「不倫」とみなすわけです。キスだけで終わればまだよいのですが、ほとんどの場合、キスまでしてしまったらセックスまでしてしまうでしょう。

ですから「キスしたらもう終わり」というように、夫婦の中での決まりごとにしていることも多くあるようです。

 

2人きりで会うのは不倫への第一歩

SnapCrab_NoName_2015-7-21_13-51-13_No-00

どこからが不倫と聞かれていくらキスからと言っても、やはり異性と2人きりで会うことは、不倫につながる第一歩だと思います。仕事の付き合いだとしても、お酒を飲んでしまうと人は理性が崩れてしまうからです。

普段は真面目でも、ちょっとお酒を飲み過ぎてその勢いでセックスしてしまったとしましょう。もしそれがバレてしまって離婚にでもなったら、たったその1回で人生が大きく変わってしまうのです。

ですから、どんなに自分は不倫しない自信がある人でも、異性と2人きりで会うこと自体が、すでに不倫の始まりであるということを念頭におくべきだでしょう。

 

不倫しないために…夫婦間のルールはキチンと守ること!

SnapCrab_NoName_2015-7-21_13-56-7_No-00

いかがでしたか?法律的に、不倫=性交渉を指しますが、やはり夫婦の間での境界線やルールをしっかり守ることが、夫婦仲を保つ秘訣になると思います。

夫婦であっても、夫と妻で不倫に関しての考え方が違うこともよくあります。そのときには、しっかり話し合って「どこからが不倫か」という境界線をしっかりつくっておくことで、そういう状況になっても理性が保たれるのではないかと思います。

こういった問題は、普段なかなか話し合う機会がないかもしれません。でもとても大事なことですので、できれば結婚したときに夫婦の取り決めとして話し合っておくとよいでしょう。

他にこんな記事も読まれています

-不倫の問題

Copyright© 浮気・不倫・離婚の問題と解決方法30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.