離婚を決意!離婚届の正しい書き方を徹底解説

更新日:

1離婚

「離婚したい・・」婚姻中であれば誰もが一度は思ったことのあるフレーズ。

これが積み重なり「離婚してやる!」と想いが大きくなりますが実際、離婚届ってどう書くの?

離婚をしたい!と決意した方も離婚どうしようかなと迷っている方もこの「離婚届の書き方」を読んでいくうちに不思議と心の整理がついていきます。

実は離婚届を書くという作業は自分自身の心の声を聞くこと、自分自身と向き合うことなしに離婚届を書くことは出来ないのです。

それでは離婚届の正しい書き方について徹底解説していきましょう。

 

離婚届ってどこにあるの?

離婚届

離婚届は各市役所・区役所にありますのでお住まいの最寄の市役所へ「離婚届下さい!」と言いに行くだけです。

市役所によっては市のHPに離婚届用紙のダウンロードをアップしている市もあり、自宅のプリンターで印刷し持参OKな場合もあります。

離婚届の用紙は無料ですので市役所の窓口に出向くならば書き損じ用に複数枚貰っておくとよいでしょう。

届出書をもらいに行く場合は各市役所の市民課へ開庁時間内にもらいに行かれるのをお勧めします。

開庁時間:月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分まで

※市によっては開庁時間と閉庁時間が若干変動有り、また週の特定の曜日だけ夜窓口対応されている市も有ります。

開庁時間だけでなく土日等や夜間の対応も可能ですが、ただ宿直対応となると市によっては離婚届の用紙を置いてある市と置いてない市があります。

市の職員ではなく警備員対応に切り替わり対応出来ない市もあります。

なので開庁時間に貰いに行く方が書き方の分からないことを職員に聞くことも出来るので確実性は高くなります。

 

離婚届だけでいいの?他の添付資料はいらないの?

離婚

離婚届だけでよいのか、他の資料がいらないのか不安ですよね?

協議離婚で本籍地に提出するなら、離婚届だけでOKです!

この「協議離婚」「本籍地」という単語を順に解説していきましょう。

まず離婚の種類についてですが、離婚は大きく分けて2タイプあります。

①協議離婚→ 2人の話し合いにより合意し離婚する場合

②調停・和解・判決等離婚→第三者機関(裁判所)に離婚決定してもらう場合

2人の話し合いでお互いが離婚合意出来るに越したことはありません。

もし2人の話し合いで離婚合意に至らない場合は第三者機関に入ってもらうことになり、そうなると金と時間と労力が半端なく費やされます

結果、裁判所からの調停調書等の謄本を添付し離婚届と共に提出頂くことになります。

なので、第三者機関を挟まずめでたく協議離婚をされるお2人はお2人のみにより離婚合意に至ったので他からの添付書類は不要なのです。

では次に「本籍地で提出すなら添付書類不要」とはどういうことか?

例を交えイメージしてみましょう。

沖縄に住所を置いているAさん。婚姻時に本籍は大阪に置きました。

Aさんが本籍地の大阪に離婚届を出す場合→離婚届だけでOK!

Aさんが住所地沖縄で離婚届を出す場合→戸籍謄本添付必要

Aさんがフラッと立寄った一時滞在地で離婚届を出す場合→戸籍謄本添付必

本籍地では貴方の戸籍情報を既に持っている自治体なので戸籍謄本をわざわざ提出しなくとも貴方の家族情報を既に知り得ているので不要なのです。

し、住所地だと貴方の離婚届を受領し審査しようにも住民票だけの情報しかないので本籍地情報の正確性が不足になってしまいます。

一時滞在地も同様となり住民票情報も本籍地情報も無い状態では受領しても審査が進みません。

なので、離婚届だけで済む場合というのは協議離婚であり、かつ本籍地に離婚届を提出するときになります。

 

離婚届を書く前だからこそ、ちょっと待って!

child care

実は離婚届は協議離婚であれば届出人夫妻の2人の署名捺印と証人2人の署名捺印が揃っていれば受理されますが本当にそれだけで離婚成立させちゃっても大丈夫ですか?

離婚用紙を揃えたら後は書くだけ!のはずですがそれだけだと後で痛い目にあいます。何故なら・・・

  • 財産分与どうなってますか?車は誰名義ですか?家ローン終わってますか?
  • 子どもの面会交流どうなってますか?もう二度と会わせませんか?
  • 慰謝料どうなってますか?どっちがどっちに幾ら払いますか?
  • 養育費・教育費どうなってますか?子どもが成人or高校卒業まで幾ら貰いますか?

もしお子さんがいないご家庭なら上記検討材料は少なくて済みますがお子さんがいるご家庭であればこの項目はいざ離婚届を提出後話し合おうと思っても話し合えるものではありません。

離婚が成立してしまうと上記項目を含んだでのお互い合意とみなされ責任追及が難しくなります。

なのでどうぞ離婚届を書く前には2人で話し合いを進めて下さい。

 

実際に離婚届を書こう!正しい離婚届の書き方

sign up

では離婚届を見ながら実際に下記に留意し書いていきましょう。

離婚届用紙は下記を参考下さい。

離婚届用紙

 

  • 提出する届出日を記入(ここは間違うと訂正印が必要になる箇所です)
  • 夫妻それぞれの氏名を書く(外国人の場合はカタカナで氏から記入します)
  • 生年月日は昭和・平成等 和暦で記入します。(外国人は西暦で大丈夫です)
  • 住所は住民登録地を記入(同日で転居や転入する場合は新しい住所を記入します)
  • 本籍は婚姻時の現在の本籍を○○県から記入します。
  • 夫妻のそれぞれの父母の氏名を記入します。
  • 父母が離婚している場合→父母共フルネーム氏名を記入します。
  • 父母が婚姻中の場合  →母の名前だけで良いです。
  • 続柄は 長男なら「長」だけ記入、次男は漢数字の「二」だけ記入します。
  • 父母が養父母なら父母欄には実父母の氏名を記入します。
  • 養父母の氏名は届書下段のその他に記入します。続柄も記入します。例)養女

①届書内で一番大事な箇所をお伝えします!

  • 婚姻前の氏にもどる者の本籍 

この項目は婚姻して氏を変えた方が今回の離婚届によりどこに行くか行き先を特定する箇所です。

例)妻は婚姻前は田中さん→結婚して佐藤さんになっている場合

A.両親の戸籍(田中)に戻るなら 妻はもとの戸籍にもどるにチェック

B.両親の戸籍(田中)には戻らず自分で新しい戸籍を作るなら妻は新しい戸籍を作るにチェック

A,B共にこの離婚届書一枚によって婚姻前の氏に戻ることになりますがAorBのどちらを選択かによりその後の戸籍謄本の内容が変わります

  • Aを選んだ場合の離婚後の戸籍の内容

両親戸籍に再度入るので自分は構成員となって両親が名乗る田中の氏になり、離婚の記載がそこに入ります。

  • Bを選んだ場合の離婚後の戸籍の内容

自分が戸籍の筆頭者になります。自分が戸籍の看板になるとイメージして下さい。両親の氏(田中)を名乗って自分が戸籍の看板に立ちそこに上記同様離婚記載が書かれます。

一見するとA,B同じように見えますが、実際は大きく違います

仮にAを選んだ方にお子さんがいらっしゃった場合、元旦那様に残してきたお子さんの親権を自分がとったと仮定すると親権を持ったお母さんは自分の子どもを自分の戸籍に入れたいでしょう。

そうすると一旦は離婚時両親の戸籍に入りましたがその後家庭裁判所の許可を取って子どもの入籍と共に同時に自分も一緒に新しい戸籍を作り自分が戸籍の看板となってまた戸籍異動を生じさせます

戸籍は3代戸籍を禁止している為、両親と自分とお子さんの3世代が一緒の戸籍にはいれないのです。

Bを選んだ方にお子さんがいらっしゃった場合、お子さんを自分の戸籍に入れたい場合、A同様家庭裁判所の許可を取って子どもを入籍させる手続きは同様ですが既に自分が戸籍看板となって自分の戸籍を離婚時に作っているので後そこにお子さんを入れるだけになります

さて、AとBの違いは何となく分かったけどだからどうなの?

最終の戸籍の形は一緒ですがお母さんの身分事項に離婚の記載が入るか入らないかの違い出てきます。

Aの最終の戸籍にはお母さんの身分事項欄に離婚記載は載りません

Bの最終の戸籍にはお母さんの身分事項欄に離婚記載は載ったままです

Aは夫との戸籍から出た後両親の戸籍へ戻る際に離婚の記載をされるので以後子どもの入籍で自分が新戸籍を作る際にはもう移記されません。

Bは夫との戸籍から出た後自分筆頭の新戸籍を作る時点で離婚の記載がされ以後子どもが自分の戸籍に入ってくるだけなので離婚の記載が入ったままとなります。

またCパターンがあり、離婚後も婚姻中使用していた佐藤の氏を使いたい場合は「婚姻前の氏にもどる者の本籍」は空欄となります。

これは「離婚の際に称していた氏を称する届」というA4判の届出書になりますが詳細説明が必要な為次回以降触れていきます。

②まだある大事な箇所~受理不受理を決める欄はここ!

  • 未成年の子の氏名

お子さんをお持ちでないご家庭は空白でOKですが20歳未満のお子さんがいるご家庭の方は必ず親権者を夫か妻か決めて下さい

未成年のお子さんがいるご家庭でここを空白のままでは受理出来ないのです

届書内で間違いがあろうともそのままで受理することもありますし世帯主や戸籍筆頭者が分からず空白であっても受理は可能です。

ですが未成年の親権者欄が空白というのはまるで届出人等の署名・捺印がない状態と同レベルで不受理となり得るケースになります。

早く離婚したいからと本当は親権を取りたいのに親権の事より離婚したい!の気持ちを優先し相手の欄に子どもの氏名を記入してしまうと後で大変です。

2人だけの話し合いでは済まず家庭裁判所への申し立てから始まり離婚後親権を自分へ変更するまで多大な労力と手間を要することになります。

③最後の砦~届出人&証人の署名・押印欄

  • 同居の期間 結婚し同居した年月を記入(忘れているでしょうが。)結婚しても住民登録上一度も同居していないなら空白となります。
  • 別居したとき 実態としては体はもうどちらかが出て行ってもう別居状態となっていたとしても、住民登録上まだ転居手続きしていないなら空白でOKです。
  • 届出人署名押印欄 お2人の署名押印が必要です。

同じ氏でも別々の印鑑が望ましいです。外国人はサインのみでOKです。

  • 証人欄 20歳以上なら日本人・外国人問いません。

外国人なら印鑑不要で、サインだけでOKです。

職場、知人、家族、両親、どなたでも大丈夫です。

この証人を賃貸契約等の保証人と同じ位重く受け取れられる方もいらっしゃいますがご安心下さい。

賃貸契約等の保証人は法的責任が追求されますが離婚届の証人は届出人2人の離婚意思の確認程度です。

法的責任は一切ありませんのでご安心下さい。

 

離婚届の書き方~まとめ~

sun rise

離婚届の書き方を読み深めるうちにご自身の心の整理を促きっかけになりましたでしょうか

離婚届はボールペンと用紙さえあればいつでも書けますが、提出するとなると大きな決断が必要とされそこの決断に至るには相当の問答を繰り返します。

離婚届を書く作業をしていきながら自分の心の声が聞こえまたか

離婚届を書くということは、自分の今までの生き方を振り返り今後自分はどうやって生きていきたいのか、今後どういう自分でありたいか模索し決断出来る良いキッカケかもしれません。

離婚届を書き上げた時、きっと、次の新しい素敵な未来が貴方を待っています。

他にこんな記事も読まれています

-離婚の問題

Copyright© 浮気・不倫・離婚の問題と解決方法30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.