バレたら即クビになる!?社内の不倫をバレずに続ける3つのコツ

更新日:

SnapCrab_NoName_2015-7-21_15-31-12_No-00

上司と部下や同僚など、社内恋愛はよくあることですが、それが不倫となるとどうでしょうか?実は、ドラマだけの世界ではなく現実の世界でもよくあることなんです。

みなさんも、一度くらいはそんな噂を社内で聞いたことがあるのではないでしょうか?そこで今回は、社内での不倫を周りにバレないようにするための4つのコツをご紹介します。

 

①社内での関係性を意識してバレない工夫を考える

SnapCrab_NoName_2015-7-21_15-32-9_No-00

まず、不倫するにあたって2人が社内においてどのような関係かによってバレない方法も変わってきます。例えば、違う部署で普段あまり顔を合わさないのであれば、特に気をつけなくてもバレることは少ないでしょう。

しかし、それが同じ部署であったり、よく仕事で顔を合わせなければならない場合、または小さな会社などの場合はバレる危険性が高まります。この場合、その関係性によって周りが気づかないようにすることが大切です。

一番大切なのは、仲が良すぎても逆に素っ気なさすぎても怪しまれてしまうということです。上司と部下の関係であれば、社内ではその関係性を崩さないように、上司に与えられた仕事をきちんとする、私語はあまり話さないけれどたまに世間話程度はするような関係性が望ましいですね。

そうすることで他の社員との接し方の差別がなくなり、周りも気づくことは少ないでしょう。同僚の場合も同じです。同僚は上司と部下の関係よりもくだけた関係になることができますが、やはり他の同僚たちに怪しまれないように、社内で2人きりになってコソコソ話すことがないようにしましょう。

 

②不倫する場所をしっかり厳選する

SnapCrab_NoName_2015-7-21_15-33-53_No-00

社内不倫の場合、会う場所によってバレてしまうこともあるでしょう。まず、家庭があるほうの自宅周辺はもちろん危険です。ですが、かといって会社の近くで会うのは他の社員に見られる恐れがあるので控えたほうがよいでしょう。

ただ、このとき普段から仕事を共にしている、同じプロジェクトをやっているなど、仕事上で何か共同作業をしているのなら、会社の近くで2人きりで会っていたとしてもあまり不審には思われないでしょう。

もし会社の近くで会うときは私服には着替えず、スーツのままで会ったり書類を持っていたりすると、もし「こんなところで2人で何してるんですか?」と他の社員に話しかけられたときにも言い訳がしやすいでしょう。

 

③社内の同僚の前では自然体で接する

SnapCrab_NoName_2015-7-21_15-34-46_No-00

同じ会社にいると、どうしても仕事以外で飲み会などの付き合いがあるでしょう。このときも不倫相手がいるからといって欠席すると怪しまれるので、こうした付き合いには積極的に参加しましょう。

上司や部下の関係だと、隣同士で座ってお酌をしなければならないこともありますが、このときは他の社員がやっているのを見て、さりげなく不倫相手にもお酌しましょう。

ただ、いくらお互いのお酒の好みや料理の好みを知っていたとしても、一度不倫相手には必ず「お酒これでいいですか?」などと確認する素振りを見せましょう。

特に男性社員と違って、女性社員はこうしたちょっとした会話から不倫をしているのでは?と疑うことも多いです。くれぐれも2人しか知り得ないような会話は慎みましょう。

 

社内で不倫する場合、ほどよい距離感を心がけよう

SnapCrab_NoName_2015-7-21_15-35-52_No-00

いかがでしたか?社内での不倫はいつでも相手に会えることから幸福感を得てしまう方も多いでしょう。しかし、その代わり気をつけなければ簡単にバレてしまう危険性もあるのです。

今回ご紹介したようなことに気をつけて、バレないような距離感でお互い接していくことが大切だと思います。

他にこんな記事も読まれています

-不倫の問題

Copyright© 浮気・不倫・離婚の問題と解決方法30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.